2009年02月04日

動脈硬化と虚血性心疾患

動脈硬化が冠動脈に起こった場合、虚血性心疾患と呼ばれる狭心症や心筋梗塞を引き起こしましょう。
血栓によって一時的に血流が途絶えた場合は狭心症と呼ばれ、動脈硬化によって冠動脈からの酸素の供給と心筋の酸素消費量とがアンバランスになった状態を言い、完全に血流が途絶えた場合は心筋梗塞と呼ばれます。動脈硬化によって冠動脈の狭窄が75%になると狭心症を発症し、胸の痛みや圧迫感、息が詰まるような感覚などを覚えるようになり、冠動脈が完全に閉塞すると心筋梗塞を発症しましょう。
posted by リリコ at 05:47| 知ってますか?